« 慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団  第141回定期演 | トップページ | 『ある家族』 12年前の『文芸ひろしま』掲載作品です »

2016年12月20日 (火)

合唱開眼    慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団第141回定期演奏会


合唱開眼

慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団第141回定期演奏会

 

慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団第141回定期演奏会を聴いて合唱の素晴らしさに開眼しました。と書いてしまうとちょっと乱暴過ぎるのですが、そう書きたくなるほどの演奏会でした。

 

これまでも、六本木男声合唱団の演奏で『川よとわに美しく』や『最後の手紙』等に文句なく感動してきたのですから、合唱の良さは分っている積りでした。その「良さ」に加えて「気高さ」そして「凄さ」とでも言ったら良いような新たな広がりの中で、そしてもう一次元加わった境地からの合唱を聴けた、という思いなのです。

              

Photo

               

演奏を聴いていない方にはこれでは分らないと思いますので、具体的に何点か説明させて下さい。ただし、私の趣味のカラオケとの比較が目立つかもしれませんが、私同様音楽についての素人の方に私の言いたいことが少しでも伝われば幸いです。

 

演奏時間は全部で2時間30分くらいにはなったと思いますが、最初のドヴォルザーク作曲の『ジプシーの歌』はドイツ語、次の瀬戸内寂聴作詞、千原英喜作曲の『ある真夜中に』は当然、日本語、第三ステージの宗左近作詞、松本望作曲の『二つの祈りの音楽~男声合唱とピアノ連弾のための~』の最初の部分はカタカナと漢字表記、次にラテン語の部分があって、平仮名と漢字でした。最後のビゼー作曲の『オペラ「真珠採り」より』はフランス語です。「快挙」と思ってしまったのは、ワグネルの団員全てがこれら全曲を暗譜で歌ったことです。つまり、目の前には楽譜も歌詞を書いた紙もないということです。

 

カラオケで十八番だと称している歌でも歌詞を暗記していない歌は結構あると思いますが、そのレベルとは格段に違うコミットメントです。暗記・暗譜しているだけではなく、全員が第二第三外国語としてドイツ語やフランス語を取っているはずはないのに、発音も表現も分りましたし心が伝わる歌声になっていました。これは、練習の賜物なのでしょうか。そしてピアノ伴奏が付かずに合唱だけで始まる箇所でも、声がばらけたり不安定になることなくきれいな、というより完璧な出だしになっていたのは見事でした。

 

それが可能になったのは、総勢70人ほどの団員の意気が合っていたからだと思いますが、それにはさらに二つの理由があると思います。一つは慶應という共通項を持つ若者の一体感が団員の心をつないでいることです。もう一つは、ワグネル男声合唱団の伝統の音を出すべく、それぞれの個性を上手く調和させるだけの雅量を一人一人の団員が身に付けているからだと思うのですが、如何でしょうか。対極的な例を持ち出せば、芸大音楽学部の合唱団ではできないハーモニーを創り出していると言っても良いのではないでしょうか。

 

しかし、一体感があるからと言って平面的なのではありません。春の菜の花畑、夏の海原、秋天の高さ、白銀の眩しさ等、豊かな情景を感動的に描いてくれました。それほど完成度の高い合唱でした。

 

もう一つ、若さも大きなプラスです。経験豊かで深みのある声色を持つ合唱団の魅力も捨て難いものがあります。同時に若さの持つ爽やかさ素直さがどの曲の解釈においても希望のメッセージを裏付けてくれていました。

 

アンコールの最後に、卒団する4年生を送るため、下級生が歌い卒団生は一番前の列でジャケットのボタンを外し肩を組んで別れを惜しんだ一曲『丘の上』にも涙しました。

 

最後に個人的な感慨になりますが、アンコールで歌われた『我ぞ覇者』の4番の歌詞は「早稲田を倒せ」というテーマで、良きライバルへの応援歌でもあります。会場が一瞬「わぁっー」とどよめきました。尊敬する兄Yが舞台でそれを歌う姿を見ていた、来年早稲田に行く予定の弟は、「ライバル」として認めて貰えたことで自信を得たように思ったのは、親馬鹿のなせる業でしょうか。

 

もう一人の団員のK君ですが、お祖父さん似です。そのお祖父さんこそアポロ11号の取材をお手伝いした毎日新聞のスター記者だったYさんです。「追悼ジョン・グレン」もお読み頂ければ幸いです。


 

K

左からK君、兄Y、私

 

このような素晴らしい合唱活動は、多くの皆さんの総合力よって可能になっていることを痛感しました。特に伝統を創り継承するため頑張っているOBの皆さんの力の偉大さに脱帽です。

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

  

広島ブログ
広島ブログ

コメント

家庭内で「早慶戦」が戦えるなんて、色んな意味で羨ましいです。
早慶戦、先生はどちらを応援されるのですか?w 知人の弁護士
(早大OB)は、ラグビーの早明戦(お嬢様が明治在学中)で、どち
らを応援するか悩んでましたw

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。息子たちは東京でそれぞれ応援するので、広島まで余波が来ることはないと思いますが、私たちについて言えば、アルティメットはもちろん慶應を応援します。その他の種目は、負けている方を応援することになるのでしょうか。面白いハップニングが起きれば報告します。

« 慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団  第141回定期演 | トップページ | 『ある家族』 12年前の『文芸ひろしま』掲載作品です »

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

家庭内で「早慶戦」が戦えるなんて、色んな意味で羨ましいです。
早慶戦、先生はどちらを応援されるのですか?w 知人の弁護士
(早大OB)は、ラグビーの早明戦(お嬢様が明治在学中)で、どち
らを応援するか悩んでましたw

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。息子たちは東京でそれぞれ応援するので、広島まで余波が来ることはないと思いますが、私たちについて言えば、アルティメットはもちろん慶應を応援します。その他の種目は、負けている方を応援することになるのでしょうか。面白いハップニングが起きれば報告します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64647922

この記事へのトラックバック一覧です: 合唱開眼    慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団第141回定期演奏会:

« 慶應義塾大学ワグネル・ソサイエティ―男声合唱団  第141回定期演 | トップページ | 『ある家族』 12年前の『文芸ひろしま』掲載作品です »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30