« アメリカの強硬な姿勢は危機感の表れ?  それとも選挙対策? | トップページ | カープ優勝パレードと自衛隊パレード »

2016年11月 5日 (土)

小さな神社の300年祭と鬼 

小さな神社の300年祭と鬼 

 

広島市安芸区船越の字名竹浦地区にある小さな神社の大年神社の造営300年のまつりのその2

Pa230135

 

300年祭のスタートは朝9時、写真右の細い道を獅子が笛、鉦、太鼓のお囃子で舞いながら練り歩くところから始まる。獅子の右側に赤、青と夜叉面の鬼が獅子舞の先導を務める。かぶっているのは青年団の人たち。

ぐっと近くによって撮影をお願いした。地元の人たちの愛称でつけられた名前は。

 

Pa230131

          「赤」の鬼。阿形。

 

Pa230132

              「青」の鬼。吽形

 

Pa230133

          「やまん」の鬼。夜叉の形相。

私の娘の経験ではこの「やまん」が一番怖いそうで、多くの子どもたちの一致するところらしい。3匹の鬼の中で一番小さいお面だ。真鍮の眼が鋭い。1年に1回のまつりの時に青年団の人が磨き粉でピカピカに磨くところを小さい時にまじかで見ていた記憶がある。作られたのは江戸時代らしい。

Pa230153

大年神社の前まで来た。鬼は沿道の人たちに道を開けるように先頭しながらすすむ。

 Pa230177

大年神社の前まで来た。鬼は沿道の人たちに道を開けるように先頭しながらすすむ。

Pa230183
鬼には金棒だが、その代わりに上下に鉄の蓋をはめた木製の長い棒を必ず持つ。棒をひこずって歩くのでまつりの日、こどもたちはガラガラと響くこの音を聞くと鬼が近くにいることを知って、見る前から怖がる。

Pa230184

青とやまんのツーショット。面をかぶっているのは実は親子で300年祭りらしく鬼も和やかムード。

Pa230220

獅子の奉納舞が終わって境内で獅子に健康を願って子どもの頭をやさしく噛んでもらうのもずっーと続いてきた風景。

Pa230206

怖い鬼だが祭りの終わりの餅まきに3匹がそろって餅をまく。鬼の棒を持たずに餅をまく姿はどこかコミカルで愛らしい。

Pa230137
獅子舞の衣装には昭和6年(1931年)とある。85年前になる。私は生まれていない。

それにしても行われた300年祭の時の長さを思うとき、原発の「核のゴミ」の行く末を考えさせられる。このゴミが安全になるのに10万年かかる。300年の333倍プラス100年の時を刻むことになるが、地域の人たちに愛され支えられることのない「核のゴミ」が安全に維持していけるわけはないと思ってしまう。あらためて「核絶対否定」の認識を新たにした300年の祭りだった。

 

※獅子や鬼、神輿の出る毎年の祭りは10月の第3週の土日に岩滝神社で行われている。

 

113日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ 広島ブログ

« アメリカの強硬な姿勢は危機感の表れ?  それとも選挙対策? | トップページ | カープ優勝パレードと自衛隊パレード »

平和」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64442283

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな神社の300年祭と鬼 :

« アメリカの強硬な姿勢は危機感の表れ?  それとも選挙対策? | トップページ | カープ優勝パレードと自衛隊パレード »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31