« マーシャル諸島共和国の勇気と日本政府の情けなさ | トップページ | シニアのための即席英語講座 ②   道案内 続 »

2016年10月 4日 (火)

シニアのための即席英語講座


シニアのための即席英語講座

 

広島を訪れる外国人が鰻上りに増えています。街角で地図を手に、右左を見、誰か助けてくれる人はいないかなという様子の外国人家族やカップル、一人旅の人を見かけた方も多いのではないでしょうか。

 

「助けて上げたい」と思っても、「英語は苦手」「外国語を喋ったことがない」という経験が邪魔をして、そそくさとその場を立ち去ったことはありませんか。

 

でもせっかく広島まで来てくれたのですから、できるだけ意義深い時間を過ごして頂きたいですよね。そのためには、一つか二つ、自信の持てる英語の言葉を身に着けていれば十分です。それを手始めに、ちょっと努力をすれば、「あなたいつからそんなに英語が喋れるようになったの」と言われるようになるのも時間の問題です。

              

Photo

           

 前口上はこのくらいにして、「工場長」さんに倣って、「シニア向き」で誰にでも役立つ、即席英語をお届けします。ことによると「ジュニア」にも役立つかもしれません。

 

[道案内]

 

地図を手に、困った様子の外国人を見かけたとしましょう。助けて上げたいと思ったとき、どう声を掛ければ良いのでしょうか。

 

最初の言葉は、「ハーイ」で十分。「ハイ」ではなく、「ハアーイ」という感じで明るく笑顔で話し掛けましょう。ローマ字では「Hi!」です。相手からは「Hi!」が返ってくるでしょう。これで会話が成立です。そこで自己紹介をしても良いのですが、道が分らない人にとって助けてくれる人の名前はあまり関係がありませんので、それは省略。

 

ここで余裕があれば、「ウエルカム・ツー・ヒロシマ」と言いましょう。これは言えそうですね。でも省略も可。

 

次に、「道が分らないのですか」「どうされましたか」といったことを聞かなくてはいけませんね。これもできるだけ簡単な言葉の方が良いですね。それには「ニード・ヘルプ?」が良いでしょう。「ニード」は知っていますね。「必要」という意味です。「ヘルプ」はビートルズの歌にも出てきますし、「助け」であることも覚えていますよね。ローマ字では「Need help?」です。

 

発音ですが、最後の「ヘルプ」は、「へ」に力を入れて、語尾を思いっきり上げて下さい。ここで「L」の音が出てきますが、今回はそれを無視しましょう。日本語流に「ヘルプ」と言っても通じます。

 

それは、「ニード」があるからです。「必要」というキーワードは、発音も難しくはありませんので、伝わります。これで助けを必要としている人には十分通じます。

 

どこに行きたいのかは、地図で確かめたり、何度か聞いて分ったとしましょう。本当は、ここでもいくつかの言葉が必要になるときもあります。聞き返すときのコツもありますが、それは機会を改めてのレッスンにしましょう。とにかくどこに行きたいのかが分って、それはすぐ近くだったとしましょう。

 

もし時間的に余裕があれば、その場所まで連れて行ってあげるのが一番親切ですし簡単です。それを伝えるのに、一番簡単なのは「レッツゴー」です。「Let’s go!」です。そして歩き始めるのです。もう少し丁寧に言いたいのなら、「アイル・テイク・ユー・ゼア」「I’ll take you there.」です。「テイク・ユー・ゼア」またはもっと簡単に「テイク・ユー」でも通じます。

 

「テイク」「take」は便利な単語です。「テイク・アウト」は「お持ち帰り」ですね。最近は食べ物だけではなく人の「お持ち帰り」という意味でも使われていますが、「テイク・ユー」と言うと、それと同じで、「あなたと一緒に行く」という意味になります。

 

何も言わないで、歩き出して、「後を付いて来い」というジェスチャーでも大丈夫です。あるいは、もう少し頑張って、「後を付いて来い」という意味の「フォロー・ミー」でも良いでしょう。ここでも「L」が出てきますが、意味は十分通じます。

 

そして目的地に着いたら、「ウィー・アー・ヒア」か「ユー・アー・ヒア」つまり、「We are here.」「You are here.」、あるいはもう少し感情を込めたいのなら、「ヒア」を先に持ってきて、「ヒア・ウィー・アー」または「ヒア・ユー・アー」でその気持は伝わります。

 

Thank you.」とお礼を言われたら、「どう致しまして」は最初と同じで「ウエルカム」で、道案内は完結します。正式には「ユー・アー・ウエルカム」「You are welcome.」ですが、略して「ウエルカム」だけ使うのは、ごく普通の表現です。

 

もう少し複雑な道案内も当然あるはずですが、少しずつ前に進みましょう。そして、皆さんへのお願いですが、こんな表現は英語でどう言うのかという質問をお寄せ下さい。できるだけ簡潔な表現、それもしっかりと内容が伝わるものを探してみます。

 

実は、私には最強の助っ人がいます。「好きな辞書」です。たくさんの質問をお待ちしています。

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

シニアのための即席英語講座
とても興味深く楽しく拝読させていただきました
ありがとうございます

広島を訪れる外国人が多い近年
すこしでも、英語が話せたらなぁ~と悔しい思いをしています
どうしても一歩前に出ないのです

折角、広島に居ながら外国文化に触れるいい機会が
あちこちにころがっているというのに…

これからもよろしくお願いいたします

「のりたま」様

コメント有り難う御座いました。広島を訪れる外国人と交流したいと考えるのは、人間としての自然な気持だと思います。それを実現するために少しでもお力になれればというところから始めました。

英語に加えて、積極的に働き掛けたいという気持を、ちょっとでも後押しできれば、とても嬉しいです。

« マーシャル諸島共和国の勇気と日本政府の情けなさ | トップページ | シニアのための即席英語講座 ②   道案内 続 »

教育」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

シニアのための即席英語講座
とても興味深く楽しく拝読させていただきました
ありがとうございます

広島を訪れる外国人が多い近年
すこしでも、英語が話せたらなぁ~と悔しい思いをしています
どうしても一歩前に出ないのです

折角、広島に居ながら外国文化に触れるいい機会が
あちこちにころがっているというのに…

これからもよろしくお願いいたします

「のりたま」様

コメント有り難う御座いました。広島を訪れる外国人と交流したいと考えるのは、人間としての自然な気持だと思います。それを実現するために少しでもお力になれればというところから始めました。

英語に加えて、積極的に働き掛けたいという気持を、ちょっとでも後押しできれば、とても嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64295598

この記事へのトラックバック一覧です: シニアのための即席英語講座:

« マーシャル諸島共和国の勇気と日本政府の情けなさ | トップページ | シニアのための即席英語講座 ②   道案内 続 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31