« 違和感のある日本語 9月篇 | トップページ | 引っ越し再考 »

2016年9月30日 (金)

いろいろな方のかかわりの様子

いろいろな方のかかわりの様子(928日)

 

安芸の郷は障害者が通い働く場が2つの建物の中に三つ、その建物の一つに短期入所の事業所が一つ、合計四つの事業を運営している。927日の水曜日という一日で外から色々な形で訪問された方たちを写真で記録してみると。

 

P9280892
2012年8月に開所した第2森の工房AMAの建物の中では、①広島市の特別支援学校高等部2年生の2名の生徒を受け入れ3日間の体験実習初日。まずは食堂でこれからの計画を説明。先生も生徒の実習先に一人ずつ付き添う。卒業後の進路を決める際の大切な実習となる。

 


P9280895

②日独平和フォーラムから今年9月に派遣された若者アドレアンさんを今年も受け入れて利用者の終日かかわる。(今回で4人目)

 


P9280893_2
③ボランティアグループ「フレンドベリー」の皆さんは4名が朝の会から参加。毎月1回10時から3時まで利用者とともに過ごす。

P9280896

④森の工房AMAの建物にもフレンドベリーの4名の皆さんが午前10時から午後3時まで利用者とともに作業をする。クリーニングされた作業着をたたむ作業を手伝う。共働であり協働。もう14年も続いている。

 

P9280897

⑤午後12時には見学の団体が第2森の工房AMAに到着。2階の会議室でcafeさくらのサンドセットにブルーベリージュースを添えた昼食を摂り

 

P9280900

アルミ缶のプレス機での利用者の作業の様子を見学したり(一連の作業を一人の利用者が説明する)

 

P9280904

見学の最後にcafeさくらの店内で販売している事業所の製品を購入して頂く。2時に焼きあがったパン、絵ぞうきんなどが並ぶ。利用者の給料の大切な収入源となる。来所された団体は岡山県の赤磐市赤坂地区の民生委員児童委員の皆さん。

一日の中にこのような出会いがある。利用者の皆さんはこの場所にお見えになる地域の人々と接していきそのときそのときの世の中の空気を訪れる人から感じることができているし、訪問者もまた利用者の様子を体感することができる。積み重ねることで障害者の理解を深めないといけない。

P7230049

このブログに7月6日にアップした記事で1982年の平和のためのヒロシマ行動で作成されたワッペンを紹介したところ、家に貼るデザインのワッペンが時を経ずして友人から届いたので、早速貼りつけた。まだ持っている人がいた。

 

 

929日 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

 

 

広島ブログ 広島ブログ

« 違和感のある日本語 9月篇 | トップページ | 引っ越し再考 »

平和」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64274871

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな方のかかわりの様子:

« 違和感のある日本語 9月篇 | トップページ | 引っ越し再考 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31