« 卵と私 | トップページ | 好きな辞書 »

2016年6月22日 (水)

初夏、梅雨、6月の社会福祉法人安芸の郷 6月20日

初夏、梅雨、6月の社会福祉法人安芸の郷

620

P6140143


社会福祉法人安芸の郷は2002年8月に設立され、翌2003年10月に森の工房AMAを建設、完成し障害者が日中通所する事業所としてスタートした。その後新たに利用する方々の受入が困難となってきたため、2つ目の事業所として写真左側の建物の第2森の工房AMAの建設に着手し、2012年8月に完成し日々障害者の方々が利用している。設計は堺市の濵口建築設計事務所。(写真右側奥は原爆養護老人ホームおりづる園、さらに右に折れると森の工房AMAがある)

 

P6060314


第2森の工房AMAの広い庭の手前にはcafeさくらがある。昼休みには事業所に通う利用者のみなさんが元気に過ごしている。

 

P6080008


この事業所の後ろは森があり、2階建ての屋上はいずれも屋上緑化がされており、今の季節は早生のブルーベリーの収穫時期で防鳥ネットを設置して、利用者、職員がブルーベリーの摘みとりを行っている。取れた実は量は少ないがJA果実連のブランドで市場出荷も行っている。

 

P6170220


ブルーベリーの選別、加工は最初の建物森の工房AMAにある森の工房みみずくの食品班が手がけている。そして、事業所が開いている月曜から金曜日まではcafeさくらに100gパックのブルーベリーとブルーベリーがたっぷりのったスイーツが限定で販売されるが、毎朝みみずくの職員がよく熟れたブルーベリーを摘みとったものが一部スイーツにのせられる。(エチョータとスパルタン、ダローの大きくておいしい品種が摘みとられる)

 

P6170224


その足元にはあちこちでツユクサは生え、花を咲かせ始め、目を和ませてくれる。(6月17日)

 

P6010246


果実はブルーベリーだけのワッフルコーン。ブルーベリーの下はカスタードクリーム。(cafeさくらの陳列ケース)

 

P6090064


第2森の工房AMAにも広いデッキがある。6月9日は激しい雨が降った。屋上に降る雨は30cm厚さの土の底に4cm厚さの砂利が敷き詰められているのでゆっくり建物の床下に貯水される。その量は60トン。この機能は雨を一時的に屋上にためるので、専門用語で流量調整機能をもっている。都市で起きる急激の雨での洪水を多少とも緩和できる機能ともいえる。マツダスタジアムの下にも大きな貯水槽が設置されている。第2森の工房AMAの雨水は自動潅水装置でブルーベリーの水遣りに再利用されている。

 

P6100073


もうひとつの建物森の工房AMAの庭にネムノキがある。屋上からは満開の花が目の前に広がる。(6月10日)

 

その屋上にそろそろネジバナが咲く頃だが・・・。

P6200026


あった。毎年少しずつ増えている。(620日)

Photo


同じ庭の緑の中に梅雨の定番のアジサイ ではなく赤いノカンゾウが咲く安芸の郷の初夏。(6月17日)

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 広島ブログ

広島ブログ

« 卵と私 | トップページ | 好きな辞書 »

平和」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/63811818

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏、梅雨、6月の社会福祉法人安芸の郷 6月20日:

« 卵と私 | トップページ | 好きな辞書 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31