« 安芸の郷の建物 屋上緑化 | トップページ | オバマ大統領に手紙を書こう »

2016年5月19日 (木)

「シンポジウム」に寄せられた意見

「シンポジウム」に寄せられた意見

――「和解」と、{「謝罪」と「赦し」}の違いとは その3――

 

『ひまわり』の第二部は「シンポジウム」という位置付けで、50人以上の識者が、サイモン・ヴィーゼンタール(以下、「サイモン」と略記します。) の提起した問題についての考え方や自分の経験に照らしての感想を寄稿しています。いくつかを御紹介しておきます。それぞれの寄稿は、皆、深い思考や謙虚な内省の結果で、要約することさえ恐れ多いのですが、私たちもそれに倣って考えて見る上でのヒントになればと思います。

 

[デズモンド・ツツ  1984年のノーベル平和賞受賞者]

南アフリカのアパルトヘイト時代に苦しんだ多くの人々が、その後、酷い暴力によって苦しめられたにもかかわらず、差別をした人々を赦す崇高な行為を重ねたことを見てきている。当然、赦すことのできない人、赦さない人も多いのだが、それはなおさら赦しを貴重なものにしている。

 

ネルソン・マンデラは、27年間獄中生活を送ったが、釈放され、その後アパルトヘイト撤廃に尽くして、南アフリカ最初の民主的に選ばれた大統領になった。就任式には、かつて収監されていた監獄の白人の獄吏を招待している。

 

死を前にして「父よ、彼らを赦し給え。彼らは自分が何をしているのかを知らないのだから」と言ったキリストに従って、他の人たちを赦す人々を見ながら、深刻に分裂し傷付きトラウマを抱えているこの国に癒しと和解をもたらすプロセスを前に、深く感動している。

 

Photo

             ダライ・ラマとデズモンド・ツツ

 

[ダライ・ラマ  1989年にノーベル平和賞受賞]

個人や人類に対して恐ろしい罪を犯した人間を赦すことは当然である。しかし、それは、このような罪を忘れてしまうことではない。これは、特にチベットと、中国との関係に当てはまる。

 

中国がこれまでしてきたことを考えれば、中国の酷さを列挙して、中国に怒り、中国を憎み、敵だと決め付け、私たちの胸の内から消し去ってしまうことさえ可能性としては考えられる。しかしそれは、仏教的な非暴力と共感の文化ではない。

 

つい最近、18年間中国に囚われの身になった後、インドに逃れた、1959年以来音信が分らなかった僧侶に出会うことが出来た。「監獄の中で最も恐れていたことは何か」と聞いたのだが、返ってきた答は、私が予想だにしないことだった。それは「中国に対する思いやりの心を失うこと」だった。

 

[アルバート・スピアー  ニュルンベルグ裁判で有罪になったナチスの将校]

多くの人々に、特にユダヤ人に限りない苦しみと悲しみを与えた罪に対して、ニュルンベルグで有罪になり、20年間服役したことは、法的な意味での罪についての裁きだが、それで私の倫理的な関わりが終ったのではない。

 

『ひまわり』に触発され、6か月間、サイモン、あなたと手紙を交換した後に3時間、相対して私の目を見つめてくれたことに心から感謝している。「私は赦すべきだったのか」という問に対して、自分自身さえ赦せない私が何と答えられるのか。手紙の中で私はあなたに「あなたのしたことは正しい」と書いた。あなたは何も言わなかったが、シュトゥットガルトへの辛い旅に出て、カールの母親には息子の罪を語ることなく、彼女の心を思いやった。死の床にあったカールを赦すとは言わなかったが、彼の手を振り払うこともしなかった。私と会ったときに、私の罪を詰ることもなく、心の傷に触れることもしなかった。

 

人間は誰でも重い荷物を背負っている。誰は、他の人の背負うその荷を取り除くことはできない。でもあなたに会ってから、私の荷は軽くなった。あなたを通して、私は神の恩寵に触れることが出来たのだ。

 

[この項は続きます]

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

« 安芸の郷の建物 屋上緑化 | トップページ | オバマ大統領に手紙を書こう »

オバマ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/63750725

この記事へのトラックバック一覧です: 「シンポジウム」に寄せられた意見:

« 安芸の郷の建物 屋上緑化 | トップページ | オバマ大統領に手紙を書こう »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30